北の窓は意外に明るい

南が広く庭になった敷地、東西に長い家は快適です。
それは誰しもが欲しがる環境だし気持ちよいのです。
マンションの場合は多くの場合その条件を満たすことができます。
ところが戸建の場合その条件の土地は高額です。
東西に長く南の開いている敷地で希望のエリアを探す。
かなりの予算を必要とします。
身の丈にあった価格で土地を探して購入する場合
間口が狭く、南北に長い土地、東西に長くても
南側がふさがっている土地も多いのではないでしょうか?
もしくは今お手持ちの土地がそうかもしれません。

東、西しか光が取れない。
その条件でも十分光は確保できるし快適です。
問題は北しか光がとれない。
北側の眺望がよく条件がよい場合です。
まずは北側の窓は明るいということを知らないといけません。
オフィスや勉強するスペースにはかえってよいです。
光は反射するものですので北の土地に反射して
天気の良い日は明るく見えます。
どうしても温度が上がりにくい場合
天窓や、南の高窓で補います。
北向きの土地でも十分明るい部屋はできます。

家の中に目隠しの塀をつくる

家の中に塀ですって?
別にブロック塀をつくろうというのじゃありません。
2Mや1.5M程度の目隠し塀を作ってそのうしろにスペースを設ければ
そこは収納になります。壁はギャラリーになります。
TV掛けとしても有効でしょう。

パーテション程度だと何か置き家具のようで
雑然とした感じになりますが、
壁で立ち上げるとインテリアの一部としてかなり
空間が変化するものになります。
コート、帽子、すぐ使いたいものでなんでも裏側にしまいます。
すぐ取り出せるし見えないというのが嬉しいですね。

寝室の大きさは自分の都合で決める

寝室の大きさっていうのは一般的には日本の住宅は8畳ぐらいで
ベット2つ置いて収納が2畳から3畳ぐらい、
ウオーキングクローゼットを3畳ぐらいとるというのが一般的な例だと思います。

但しそれは一般的にはこうだというイメージは
新聞の広告など入ってくる分譲住宅の企画の寸法です。
実は注文住宅においては8畳というのはそれでは狭いんじゃないかというので
10畳の寝室12畳の寝室というのが意外に多かったりします。
もしくは狭い住宅では8畳という一般的なスペースが取れないので
7畳とか6畳、まあ2人寝れれば大丈夫といった寸法にする場合もあります。

6畳であっても例えば家族4人、
畳部屋であれば普通に布団4枚敷けるわけですから
一概に狭くて使えないという部屋にはならないということになります。

敷地の状態や全体的に予算の兼ね合いもあると思いますけれども、
例えば12畳の寝室に4畳半のウオーキングクローゼットということになりますと、
それだけ全体の中での割合を占めていきますので
それなりに他の部屋を大きくしていくか、
小さくしていくかその辺の計画が必要になってくると思います。

では、大きな寝室を作った場合に何を置いていくかというと、
例えばダブルベット大きめなベットを置くからということや、
ベットの他にホテルの部屋のようにテーブルと椅子を置くとか鏡台を置く、
もしくは他の健康器具を置くとか、
寝る前にフィットネスをするようなスペースに使うからといった事もあると思います。

ウォークインクローゼットというものは箪笥を入れる部屋だったりしますけれども
最近の傾向としては物が多いので
たくさん詰め込めるようなものが欲しいということで重宝がられているようです。

いずれにしろ一般的な大きさって言うのは8畳ですけれども、
それはあくまで一般的なので、もっと小さくして、
他のリビングとかを大きくしてメリハリをつけるとか、
あえてもう少し大きめなスペースにして使い勝手を良くして行く。
自分の生活したいイメージを思い浮かべてそれに合わせていく。
だから決して他もそうだから、一般的にそうだからと言う理由で
大きさを決定する必要はないということです。

トイレの窓をデザインする

トイレの窓は下のほうからも光をとることができる
庭を造りこめば上から見下ろすことができるので
デザインにもなる

最近の住宅ではトイレに24時間用換気扇も付いているため
必ずしも換気の窓をとらなくてはならないということもない。
戸建の場合慣習として明るい窓と開けられる窓がほしいのはたしかだが
外からの防犯を考えてあけたくないところや
プラン上あけられない場合はFIX窓で隣の部屋や
外部から光を取ることも可能になってくる。

モダンな住宅ではセンターコアと呼ばれる
マンションのプランのように設備を家の中心に配置することもあり
窓がとりにくいこともある
そのようなときは場所にこだわらず
窓を機能ではなくインテリアデザインとして考えてみる。
柔軟な考え方をすれば窓の位置はどこでもありというところ

下の窓から庭の地面に苔コケが見えたりするのも
おもしろいとおもう。

書斎コーナー、パソコンコーナーを作る

リビングは家族の集う場所です。

最近の住宅ではテレビと同様に
コンピューターの前にいる時間も多く
リビングにコンピュータを扱えるスペースがないと
ほかの部屋にこもって家族のコミュニケーションが
不足してしまうことも十分考えられます。

みんなが集まる場所にPCをおくことができれば
一緒にいながらPCに向かうことが可能になります。

リビングには書斎コーナーを作る要領で机や棚を配置します。

床を掘り込んでカウンターを設けるなども
面白みのあるデザイン性がリビングを個性的にします。

あらかじめコンセントやLAN配線などに気を配ったり
空気の流れを作る窓を設けたりします。

ちょっとだけ自分の作業をしながら家族と一緒にすごしましょう。

吹き抜けは狭くても光が入る

吹き抜けは幅2Mでも十分広く見える

吹き抜けを作りたいけど2階のプラン上
どうしても広く取れない場合があります。

狭いと本当に意味のない吹き抜けになるのでしょうか?
平面図で見ると幅2Mの吹き抜けは狭く感じてしまいますが
実際には幅が狭くても十分その効果を感じる事ができます。

立体的に考え方を変える必要があります。

視覚は近くよりも奥の方が広域に見えるので
奥行きがあれば広く感じる効果があるのです。

特に2階の天井が広ければ見上げたときに
2階の天井部分の広さを感じる事になります。

この大きさならば冬は寒さ対策でカーテンなどでふさぐことも出きます。

テラスに面して配置すれば外から掃除することもできます。

ソフトクローズ機能付きのドア

ソフトクローズ機能付きのドアをつかってみる

最近、では住宅のドアにばたんと閉めても
しまる瞬間に速度を下げてゆっくりしまる
ソフトクローズ機能のあるドアが出現している。
住宅用は引き戸で以前もあったが、
住宅用開きドアでも各メーカーでオプションとして
追加できるようになっているようです。
これ、現場で使ってみましたが

面白いのなんの

思いっきり閉めてもしまる寸前に減速して
音もなくすっとしまります。
喧嘩してドアに八つ当たりができなくなります。
大声を出しながら、ばたんとドアを閉めて退室ができません。

もともとは手をはさまないように考案されたようで
子供の小さい家で重宝すると思います。

写真はパナソニックのソフトクローズドアで
すこし黒く目だって見た目は悪いものの
ゆっくりとしまる機能はきちんとしていました。

天窓をつける

天窓をつけるときの注意点について

天窓

光が足りないとき天窓は便利なアイテムになります。
同じ大きさで壁につける窓の3倍の光が取り込めるのですから
壁側を建物に囲まれて暗くなりそうな敷地には最適です。

ところがこの天窓付け方次第では暑すぎるといったこともあります。

日光が直撃して困る箇所には
日差しを和らげるスクリーンとセットがおすすめです。

キッチンなどを明るくする為につけたが
暑くて立ってられないなどの事例も聞きます。

暗くない部屋、既に光が取れている部屋に
無理して付ける必要はないアイテムです。

暗くなりそうな場所に効果的に配置するのがポイントです。

二室採光のような部屋、和室が南にあって直接窓に面さない
奥まったリビングダイニングなども天窓が有効です。

ロフト階段を収納にする

収納 ロフト階段

ロフトへの階段を収納棚やパソコンデスクにしてみました。

ロフトへの階段は木製やアルミのはしごが良く見られます。

少しそっけないな、もう一工夫欲しいな
そう思ったらデザインしてみましょう。

比較的簡単なのが木製の階段をデザインする事
スチールの梯子にして色を塗ってもおもしろいです。

さらに実用的なデザインすると
収納付の階段をデザインしちゃう事
特注家具がそのまま階段になるイメージです。

完成のときちょっと達成感があります。

ありそうであまり見ませんからね
昔の民家なんかでありそうですが雑誌でしか見ませんね。

実際作ると確かに少し登りにくいような気はします。

でも見た目に楽しいですね。使えますしお薦めです。

ニッチで収納をつくる

壁に穴を開ければそこは収納になります。

ニッチ 施工事例

住宅の壁にニッチとよばれる掘り込んだ飾り棚を
付ける例はよく見られます。

ニッチを本棚として利用したり
歯ブラシやコップを入れるスペースにしたり
携帯電話や目覚まし時計を置くスペースもほしいです。

玄関にはキーボックスもほしいです。

ダイレクトメールやハガキ置き場も欲しいですね。
ファーストフードの景品のおもちゃも増える一方です。

わざわざ棚板や家具を買うまでもなく氾濫する小物たち
テーブルやカウンターを綺麗に作っても
その上を覆い隠してしまいはしないでしょうか?

壁に穴を開けるだけで小物は綺麗に納まります。

家づくりのながれ

○プラン相談


土地の情報をいただき、どのような家づくりをしたいかお聞きします。
部屋数や、家族構成、希望の構造など

○プラン作成
 
希望を基に作成したプランが完成、
希望のプランができたら設計契約を結び先に進みます。

土地のない場合は土地探しからお手伝いします。
希望の土地に対しての参考プランも作成しています。

(ここまでは無料)

2週間ほどいただいています。

○基本設計・実施設計

さらに希望を練っていきます。
希望のインテリアなどさらに聞き込んで、
工事に必要な図面を作成していきます。
3か月ぐらいかかります。

○見積もり調整

工務店数社に見積もり
1か月

○現場監理

工事が開始されたら竣工までの間
現場に通って詳細のチェックを行います。

規模によりますが6か月前後かかります。

○ご相談受付

お電話か、メールにて連絡いただいています。

TEL 052-704-3301

設計事務所への依頼、相談、
▼▼▼無料のプランニングサービスはこちらからどうぞ
プランニングサービス

最近の投稿

問い合わせ先

プロフィール

一級建築士 信太淳英 (しだじゅんえい) 名古屋に在住し、 店舗、住宅のデザイン手がける。

ブックマーク

  • SEOブログパーツ