半透明のカーボネートを扉に使ってみる

ツインカーボ 扉

引き戸や扉にガラスではなくカーボネート板を使うことがあります。

ガラスのような透明感や冷たさが必要ない場合や
うっすらとだけ見えたい場合にツインカーボという材料を使います。

半透明の扉の向こう側の見え方ですが光が屈折して
人影だけが見えるか見えないか程度です。

光は充分に通してくれるので目線だけをさえぎるのに適しています。

カーボネート自体はクリアな材料なので
光の屈折を利用して見えにくくなる仕組みです。

襖などの光を通さない材料で仕切るよりも部屋が広く感じられるので
圧迫感が解消できます。

カーボネート特有のプラスティックな質感も気に入っているので
収納の扉などに使用してわざと半分見えるようにして
風合いを楽しむ使い方もあります。

カテゴリー: インテリア,ドア | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバックURL: http://xn--pqqpfw18a8c198c2xk.com/2016/07/21/%e5%8d%8a%e9%80%8f%e6%98%8e%e3%81%ae%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%92%e6%89%89%e3%81%ab%e4%bd%bf%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%82%8b/trackback/

家づくりのながれ

○プラン相談


土地の情報をいただき、どのような家づくりをしたいかお聞きします。
部屋数や、家族構成、希望の構造など

○プラン作成
 
希望を基に作成したプランが完成、
希望のプランができたら設計契約を結び先に進みます。

土地のない場合は土地探しからお手伝いします。
希望の土地に対しての参考プランも作成しています。

(ここまでは無料)

2週間ほどいただいています。

○基本設計・実施設計

さらに希望を練っていきます。
希望のインテリアなどさらに聞き込んで、
工事に必要な図面を作成していきます。
3か月ぐらいかかります。

○見積もり調整

工務店数社に見積もり
1か月

○現場監理

工事が開始されたら竣工までの間
現場に通って詳細のチェックを行います。

規模によりますが6か月前後かかります。

○ご相談受付

お電話か、メールにて連絡いただいています。

TEL 052-704-3301

設計事務所への依頼、相談、
▼▼▼無料のプランニングサービスはこちらからどうぞ
プランニングサービス
注文住宅実例の上へ

最近の投稿

プロフィール

一級建築士 信太淳英 (しだじゅんえい) 名古屋に在住し、 店舗、住宅のデザイン手がける。

ブックマーク

  • SEOブログパーツ