光を通す階段の作り方

光の降り注ぐ階段のつくりかたを紹介

鉄骨階段

普通の階段のでは足で踏む部分は木材や鉄板などの
光を通さない材料で作ることが多いです。

かろうじて蹴上げと呼ばれる部分の板をなくして
シースルーの階段をつくり、
視覚的に開放感を得るようにすることがあります。

さらに階段の下を光で照らす方法があります。

螺旋階段

穴の開いた床板を使用する方法です。

その踏む部分を板や鉄など光をさえぎってしまう部分に
グレーチングやパンチングメタルを使用すると
階段下にやわらかく光が降り注ぐことになります。

ある程度の開口率があれば光は階段をすり抜けて
地面まで降り注いでしまうのです。

上にのったときに少し怖いですが、そこは慣れです。

カテゴリー: 階段 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバックURL: http://xn--pqqpfw18a8c198c2xk.com/2016/09/15/%e5%85%89%e3%82%92%e9%80%9a%e3%81%99%e9%9a%8e%e6%ae%b5%e3%81%ae%e4%bd%9c%e3%82%8a%e6%96%b9/trackback/

家づくりのながれ

○プラン相談


土地の情報をいただき、どのような家づくりをしたいかお聞きします。
部屋数や、家族構成、希望の構造など

○プラン作成
 
希望を基に作成したプランが完成、
希望のプランができたら設計契約を結び先に進みます。

土地のない場合は土地探しからお手伝いします。
希望の土地に対しての参考プランも作成しています。

(ここまでは無料)

2週間ほどいただいています。

○基本設計・実施設計

さらに希望を練っていきます。
希望のインテリアなどさらに聞き込んで、
工事に必要な図面を作成していきます。
3か月ぐらいかかります。

○見積もり調整

工務店数社に見積もり
1か月

○現場監理

工事が開始されたら竣工までの間
現場に通って詳細のチェックを行います。

規模によりますが6か月前後かかります。

○ご相談受付

お電話か、メールにて連絡いただいています。

TEL 052-704-3301

設計事務所への依頼、相談、
▼▼▼無料のプランニングサービスはこちらからどうぞ
プランニングサービス
注文住宅実例の上へ

最近の投稿

プロフィール

一級建築士 信太淳英 (しだじゅんえい) 名古屋に在住し、 店舗、住宅のデザイン手がける。

ブックマーク

  • SEOブログパーツ