和室 おしゃれ

和室のマジック、垂れ壁は板の間を作らなくてもつくれる。

和室 インテリア

スペースの関係で床の間をあきらめても
空間に床の間のような雰囲気を作ることは可能です。

現在でこそ床の間を半間とか1間の幅間取りして
しっかりとしたスペースを確保する和室は多いのですが
京都の茶室や昔の書院などは
工夫して床の間らしきスペースを作っている例も多く見られます。

和室の作法については何が正しいということを気にせずに
自由に楽しんでいただければよいのだと思います。

写真の施工例は和室に曲線の垂れ壁をつくっています。

垂れ壁のある部分は特に板の間を増やすわけではなく
通常の間取りのまま作ることが可能です。

垂れ壁の短部を途中で止めておけば畳の寸法には
まったく影響なくデザインすることができます。

和室 モダン

垂れ壁の部分はビニルクロスなどの材料で施工が可能です。

ビニルのほうが伸縮性があるので珪藻土クロスなどの硬いクロスよりも
折り曲げに適しているというのが現場の意見でした。

合板で下地を作るときにはクロスを張り込むときに
手の入る寸法だけ壁に奥行きを作っておきます。

曲線部分はうすいベニアを使っておさえていきます。
垂れ壁部分は土壁長クロス、奥の部分はアクセントで
柄の入ったクロスを使用しています。

塗り壁や和紙を使うのもよいですが
ファミリールームとして使う場合はお子様の手に触れるので
あえて高級な材料を使わなくてもよいでしょう。

カジュアルなクロスとクラシックな風合いも
組み合わせによっては本格的な和室よりも面白く仕上がります。

店舗の畳スペース、小上がりでよく見られるのですが
和室らしい風合いはフェイクでもベースに使用したほうがそれらしく見えます。

すべてをモダンなクロスで仕上げるよりも
ベースを土壁、じゅらくのようなクロスにして
ポイントでモダンな柄を使うほうが和室らしく仕上がります。

天井はアジアン調の編みこんだ柄のクロスでも合わせられます。

オリジナルのデザインと組み合わせを工夫してみましょう。

カテゴリー: インテリア,和室 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバックURL: http://xn--pqqpfw18a8c198c2xk.com/2016/11/20/%e5%92%8c%e5%ae%a4-%e3%81%8a%e3%81%97%e3%82%83%e3%82%8c/trackback/

家づくりのながれ

○プラン相談


土地の情報をいただき、どのような家づくりをしたいかお聞きします。
部屋数や、家族構成、希望の構造など

○プラン作成
 
希望を基に作成したプランが完成、
希望のプランができたら設計契約を結び先に進みます。

土地のない場合は土地探しからお手伝いします。
希望の土地に対しての参考プランも作成しています。

(ここまでは無料)

2週間ほどいただいています。

○基本設計・実施設計

さらに希望を練っていきます。
希望のインテリアなどさらに聞き込んで、
工事に必要な図面を作成していきます。
3か月ぐらいかかります。

○見積もり調整

工務店数社に見積もり
1か月

○現場監理

工事が開始されたら竣工までの間
現場に通って詳細のチェックを行います。

規模によりますが6か月前後かかります。

○ご相談受付

お電話か、メールにて連絡いただいています。

TEL 052-704-3301

設計事務所への依頼、相談、
▼▼▼無料のプランニングサービスはこちらからどうぞ
プランニングサービス
注文住宅実例の上へ

最近の投稿

プロフィール

一級建築士 信太淳英 (しだじゅんえい) 名古屋に在住し、 店舗、住宅のデザイン手がける。

ブックマーク

  • SEOブログパーツ