天窓をつける

天窓をつけるときの注意点について

天窓

光が足りないとき天窓は便利なアイテムになります。
同じ大きさで壁につける窓の3倍の光が取り込めるのですから
壁側を建物に囲まれて暗くなりそうな敷地には最適です。

ところがこの天窓付け方次第では暑すぎるといったこともあります。

日光が直撃して困る箇所には
日差しを和らげるスクリーンとセットがおすすめです。

キッチンなどを明るくする為につけたが
暑くて立ってられないなどの事例も聞きます。

暗くない部屋、既に光が取れている部屋に
無理して付ける必要はないアイテムです。

暗くなりそうな場所に効果的に配置するのがポイントです。

二室採光のような部屋、和室が南にあって直接窓に面さない
奥まったリビングダイニングなども天窓が有効です。

カテゴリー: | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバックURL: http://xn--pqqpfw18a8c198c2xk.com/2016/12/03/%e5%a4%a9%e7%aa%93%e3%82%92%e3%81%a4%e3%81%91%e3%82%8b/trackback/

家づくりのながれ

○プラン相談


土地の情報をいただき、どのような家づくりをしたいかお聞きします。
部屋数や、家族構成、希望の構造など

○プラン作成
 
希望を基に作成したプランが完成、
希望のプランができたら設計契約を結び先に進みます。

土地のない場合は土地探しからお手伝いします。
希望の土地に対しての参考プランも作成しています。

(ここまでは無料)

2週間ほどいただいています。

○基本設計・実施設計

さらに希望を練っていきます。
希望のインテリアなどさらに聞き込んで、
工事に必要な図面を作成していきます。
3か月ぐらいかかります。

○見積もり調整

工務店数社に見積もり
1か月

○現場監理

工事が開始されたら竣工までの間
現場に通って詳細のチェックを行います。

規模によりますが6か月前後かかります。

○ご相談受付

お電話か、メールにて連絡いただいています。

TEL 052-704-3301

設計事務所への依頼、相談、
▼▼▼無料のプランニングサービスはこちらからどうぞ
プランニングサービス
注文住宅実例の上へ

最近の投稿

プロフィール

一級建築士 信太淳英 (しだじゅんえい) 名古屋に在住し、 店舗、住宅のデザイン手がける。

ブックマーク

  • SEOブログパーツ