寝室の大きさは自分の都合で決める

寝室の大きさっていうのは一般的には日本の住宅は8畳ぐらいで
ベット2つ置いて収納が2畳から3畳ぐらい、
ウオーキングクローゼットを3畳ぐらいとるというのが一般的な例だと思います。

但しそれは一般的にはこうだというイメージは
新聞の広告など入ってくる分譲住宅の企画の寸法です。
実は注文住宅においては8畳というのはそれでは狭いんじゃないかというので
10畳の寝室12畳の寝室というのが意外に多かったりします。
もしくは狭い住宅では8畳という一般的なスペースが取れないので
7畳とか6畳、まあ2人寝れれば大丈夫といった寸法にする場合もあります。

6畳であっても例えば家族4人、
畳部屋であれば普通に布団4枚敷けるわけですから
一概に狭くて使えないという部屋にはならないということになります。

敷地の状態や全体的に予算の兼ね合いもあると思いますけれども、
例えば12畳の寝室に4畳半のウオーキングクローゼットということになりますと、
それだけ全体の中での割合を占めていきますので
それなりに他の部屋を大きくしていくか、
小さくしていくかその辺の計画が必要になってくると思います。

では、大きな寝室を作った場合に何を置いていくかというと、
例えばダブルベット大きめなベットを置くからということや、
ベットの他にホテルの部屋のようにテーブルと椅子を置くとか鏡台を置く、
もしくは他の健康器具を置くとか、
寝る前にフィットネスをするようなスペースに使うからといった事もあると思います。

ウォークインクローゼットというものは箪笥を入れる部屋だったりしますけれども
最近の傾向としては物が多いので
たくさん詰め込めるようなものが欲しいということで重宝がられているようです。

いずれにしろ一般的な大きさって言うのは8畳ですけれども、
それはあくまで一般的なので、もっと小さくして、
他のリビングとかを大きくしてメリハリをつけるとか、
あえてもう少し大きめなスペースにして使い勝手を良くして行く。
自分の生活したいイメージを思い浮かべてそれに合わせていく。
だから決して他もそうだから、一般的にそうだからと言う理由で
大きさを決定する必要はないということです。

建築家のブログがブログ村に大集合

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

カテゴリー: 寝室 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トラックバックURL: http://xn--pqqpfw18a8c198c2xk.com/2017/05/08/%e5%af%9d%e5%ae%a4%e3%81%ae%e5%a4%a7%e3%81%8d%e3%81%95%e3%81%af%e8%87%aa%e5%88%86%e3%81%ae%e9%83%bd%e5%90%88%e3%81%a7%e6%b1%ba%e3%82%81%e3%82%8b/trackback/

家づくりのながれ

○プラン相談


土地の情報をいただき、どのような家づくりをしたいかお聞きします。
部屋数や、家族構成、希望の構造など

○プラン作成
 
希望を基に作成したプランが完成、
希望のプランができたら設計契約を結び先に進みます。

土地のない場合は土地探しからお手伝いします。
希望の土地に対しての参考プランも作成しています。

(ここまでは無料)

2週間ほどいただいています。

○基本設計・実施設計

さらに希望を練っていきます。
希望のインテリアなどさらに聞き込んで、
工事に必要な図面を作成していきます。
3か月ぐらいかかります。

○見積もり調整

工務店数社に見積もり
1か月

○現場監理

工事が開始されたら竣工までの間
現場に通って詳細のチェックを行います。

規模によりますが6か月前後かかります。

○ご相談受付

お電話か、メールにて連絡いただいています。

TEL 052-704-3301

設計事務所への依頼、相談、
▼▼▼無料のプランニングサービスはこちらからどうぞ
プランニングサービス
注文住宅実例の上へ

最近の投稿

問い合わせ先

プロフィール

一級建築士 信太淳英 (しだじゅんえい) 名古屋に在住し、 店舗、住宅のデザイン手がける。

ブックマーク

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • SEOブログパーツ