本棚を吹き抜けの手すり壁にして一石二鳥のインテリア

一般的に手摺といえば、壁手摺や
スチール手摺、ガラス手摺などがあります。

住宅の場合少しでも収納を増やしたいために
いろいろ工夫していくと壁に収納を埋め込みたくなります。

そこで手摺も収納にしてみましょう。

 

集成材やMDFなどで棚やカウンターをつくったり
既製品の棚を埋め込むのもよいでしょう。

吹き抜けなどがある場合は吹き抜けとの境の壁を
低めの高さの収納棚にします。

これだけでもかなりの収納量が増えます。

扉はオープンであれば少しはコストの縮小になります。

扉をつければインテリア的にはすっきりするでしょう。

ロールスクリーンなどで目隠しするのもひとつの方法です。

吹き抜けがない場合は階段の手摺部分を壁収納にします。

文庫本や、コミック程度の奥行きの棚であれば
奥行きが著しく増えるということもないので
現在の間取りのまま棚を作ることもできます。

棚の見積もりが高すぎるときはニッチ(くぼみ)だけを
数箇所設けるだけでもちょっとした物も収められます。

建築家のブログがブログ村に大集合

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

カテゴリー: アイデア,収納,自然素材 | Tags: , ,

家づくりのながれ

○プラン相談


土地の情報をいただき、どのような家づくりをしたいかお聞きします。
部屋数や、家族構成、希望の構造など

○プラン作成
 
希望を基に作成したプランが完成、
希望のプランができたら設計契約を結び先に進みます。

土地のない場合は土地探しからお手伝いします。
希望の土地に対しての参考プランも作成しています。

(ここまでは無料)

2週間ほどいただいています。

○基本設計・実施設計

さらに希望を練っていきます。
希望のインテリアなどさらに聞き込んで、
工事に必要な図面を作成していきます。
3か月ぐらいかかります。

○見積もり調整

工務店数社に見積もり
1か月

○現場監理

工事が開始されたら竣工までの間
現場に通って詳細のチェックを行います。

規模によりますが6か月前後かかります。

○ご相談受付

設計事務所への依頼、相談はメールにて連絡いただいています。

info@shidajunei.com
へメールください。
注文住宅実例の上へ

最近の投稿

プロフィール

一級建築士 DLF一級建築士事務所を主催。信太淳英 (しだじゅんえい) 名古屋に在住し、 店舗、住宅のデザイン手がける。

問い合わせ先

PVアクセスランキング にほんブログ村